シワの深さが左右でアンバランスになる理由と対処法

  • サイトマップ

左右のほうれい線の深さのバランスについて

ほうれい線をよくよく見てみると、左右でバランスが違うことがあります。左右のシワの深さのバランスが悪いと、見た目にもあまり良くありませんよね。

ほうれい線の解消を目指すのはもちろんなのですが、左右のバランスを均等にすることでも、見た目の印象は変わりますので、こちらも併せて改善を図っていきましょう!

左右で深さが異なる原因と解消法

  • 食事時の噛むバランスが悪い
  • 寝る姿勢が横向き
  • 骨格の歪み
  • 頬杖

シワの深さが左右で大きく異なる人は、大よそこのような原因によることが多いです。

食事時の噛むバランス
利き腕の方が腕が太くなるように、噛みやすさも左右で異なります。これは無意識に行っているものです。意識するとどちらで多く噛んでいるか分かるので、その逆で噛むような癖をつけて、バランスを整えていきましょう。
また、虫歯があったり、噛み合わせが悪いところがあると、そこを避けて噛むようになるため、左右どちらかを酷使してしまいがち。虫歯や噛み合わせで気になる部分がある場合は、まずはそこの治療が必要です。
基本的に、よく噛む側の方の表情筋が鍛えられているため、ほうれい線の深さは浅いハズです。自身の口元のシワのバランスを見ながら、バランスよく噛めるように改善していきましょう。
寝る姿勢
しっかり仰向けで寝ている場合は、問題ありません。横向きで寝ることが多い人は要注意です。横向きだと、どうしても下側のほうれい線が圧迫されるので、深くなりがちです。
睡眠中のことなので、なかなか改善は難しいですが、寝付くまでは天井を見るように意識してみましょう。
骨格の歪み
全身の骨格がズレていても、ほうれい線の左右の深さのバランスは悪くなります。自分の顔の中心に線を引いて、左右のパーツの高さを確認してみて下さい。まったくズレていないという人は、ほぼいないと言われています。このズレが数ミリならば普通のことですが、1cm以上傾いている場合は、骨格の歪みや極端に筋肉のバランスが悪くなっています。
上で紹介したような、日常生活の姿勢や噛むバランスを均等にすることで、徐々に改善を図っていきましょう。また、整骨院などで歪みの矯正を行うのも効果的です。
頬杖
頬杖することが癖になっている人は、意識して直すようにしましょう。片側が圧迫されるので、シワになりやすい上、骨格も少しずつ歪んでいきます。

ほうれい線の深さの違いは習慣を積み重ねた結果

事故などで顔を打撲したなどが無ければ、ほとんどの場合、普段の癖や習慣の積み重ねが原因で、左右のバランスが崩れています。

そのため、一朝一夕でほうれい線の左右の深さを均一にすることは難しいです。ほうれい線解消のためのケアを行いつつ、上記で挙げたような自身の生活習慣を改善していきましょう。

身体の歪みやバランスは、ほうれい線にとってマイナスなだけでなく、ダイエットや便秘にも悪影響を与えるので、良いチャンスだと思って、ここでしっかり改善出来ると良いですね。

ほうれい線対策のためのコンテンツ一覧

このページの先頭へ