年齢に応じた解消プランの紹介

  • サイトマップ

年代別ほうれい線対策の参考プラン

30代、40代、50代以上の3つの年代別の、ほうれい線対策のプランをご紹介します。人それぞれ肌の状態や、肌質が異なるので、参考程度で読んでみて下さい。

30代

基本方針

  • 表情筋エクササイズ
  • 保湿化粧品で肌の乾燥を防ぐことを徹底

エクササイズ+保湿で、ほうれい線のケアを行いつつ、
アンチエイジングの基礎固めをしよう!

お肌の曲がり角と言われる30代ですが、まだいくらでも解消の余地があるのが、この年代です。

30代でほうれい線が気になるという人は、エクササイズによる顔の筋力アップがオススメ。ここでしっかり筋肉をつけて、フェイスラインを引き締めておけば、40代以降のシワやたるみの予防にもなります。

化粧品は、保湿にさえ気を付けておけば大丈夫。エクササイズを習慣にして、ほうれい線の解消を目指すとともに、しっかりアンチエイジングの基礎を作っておきましょう。

また、紫外線対策を怠らないようにすることも大切です。

40代

基本方針

  • 表情筋エクササイズ
  • “ハリ”“弾力”系のアンチエイジング化粧品
  • 美顔器・フェイスローラーなども要検討

「ほうれい線を解消すれば、5才は若く見える」というのが、最も実感できる年代。諦めずに、続けられるケアを継続することが大切です。

多くの人がほうれい線に悩む出す年代です。フェイスラインが緩み、重力に勝てなくなってくるころなので、人によっては一気にほうれい線が目立つようになることも。

対抗策としては、表情筋エクササイズで、引き締めていく。そして、化粧品で肌のハリと弾力を取り戻すというのが基本になると思います。化粧品の選び方は、アンチエイジング系のもの。そして、“ハリ”“弾力”がポイントになってきます。ほうれい線専用の美容液も効果があります。

それでも、ほうれい線が解消できないという場合は、美顔器やフェイスローラーなども要検討という感じです。ただ、ほうれい線対策は、じっくり時間をかける必要があります。金銭的にキツイこと。性格的に合わないもの。は手を出さずに「出来ること」だけを、継続させることが大切です。

ほうれい線が薄くなると、5才若く見えると言われるほど、印象が変わります。諦めずに、ケアを頑張っていきましょう!

50代

基本方針

  • 表情筋エクササイズ
  • アンチエイジング化粧品
  • ほうれい線専用美容液
  • 美顔器
  • サプリメントや美容ドリンク
  • エステでのフェイシャルケアも要検討

ほうれい線だけを解消するという方針ではなく、総合的なアンチエイジングケアが必要。コストや効果を考えて、エステの施術も検討しましょう。

50代の方が、ほうれい線を薄くするには、色々なことを同時進行でケアしていく必要があります。肌の水分不足に加え、加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少。表情筋の緩み、蓄積された紫外線ダメージなど、ほうれい線だけの問題では無いからです。

そして、行う対策の効果を実感するためには、最低でも半年~1年は続ける覚悟が必要です。上記に挙げたもの全部を取り入れるのは難しいと思いますので、エクササイズと化粧品は必須として、あとは出来るものを選択して、根気よく続けていきましょう。

また、50代ですと、コストや効果を考えると、エステのフェイシャルで集中的にケアしてしまった方が、良い場合もあります。これは、一度体験コースを受けてみて、カウンセラーと相談して、検討してみると良いと思います。

ほうれい線対策のためのコンテンツ一覧

このページの先頭へ