セラミドやアスタキサンチンでアンチエイジング

  • サイトマップ

ほうれい線の改善に効果の高い成分

ほうれい線の解消を目指すために、効果が期待できる成分についてお話しします。ここで取り上げているものが配合されている化粧品を選べば、効率よく改善させることが出来ます。

加齢とともに減少してしまう成分を補給しよう!

歳を重ねるごとに、失われてしまう肌のハリや弾力。それは、肌内部のコラーゲンやエラスチン、セラミドなどが、年々減少してしまうことが原因です。

肌の保湿機能が低下し、乾燥しやすくなり、ツヤが無くなってくる。そして、ハリや弾力が失われ、たるみがちになってしまいます。

この、いわゆる「肌の老化」を食い止めるためには、加齢とともに失われる成分を補給してあげる必要があります。

セラミド
肌の保水力やバリア機能に関係するセラミドは、乾燥肌のケアに抜群の効果を発揮します。
このセラミドは、肌の外側の細胞と細胞の間に存在し、水分や油分を溜め込む働きを担っているものです。年齢とともに減少し、50歳では20代の半分ぐらいになってしまうため、セラミドを増やすスキンケアは非常に有効で、即効性も期待できます。
なかでも“ヒト型ナノセラミド”は、浸透力が高く、小じわの改善などに最適。ほうれい線対策にも有効なので、化粧品選びの候補としてセラミド配合のものが良いでしょう。
アスタキサンチン
フジフィルムから販売されている「アスタリフト」で一躍有名になったアスタキサンチン。これは、抗酸化力が非常に高い成分なので、肌の老化防止が期待できます。
また、年々減少していくコラーゲンやエラスチンの生成を促す働きもあるので、ハリや弾力のケアに最適。ほうれい線はもちろんエイジングケア全般をサポートしてくれます。
エラスチン
肌のたるみの予防・改善に効果的なのがエラスチン。これは、肌内部「真皮」の構成要素としては全体のわずか2%に過ぎないのですが、コラーゲンを束ねる役割をする重要なものです。加齢とともに減少してしまうので、化粧品などから補給しましょう。
コラーゲン
エラスチンと一緒になって肌の弾力とハリを助けるタンパク質の一種です。こちらも積極的に補給したい成分ですが、分子が大きいため肌の奥に浸透させるのが難しいと言われています。そのため、低分子化やナノ化された吸収しやすいものを選ぶ必要があります。
また、直接補給するだけでなく、肌の内部でコラーゲンの生成を助けてくれるような成分(アスタキサンチンやビタミンC誘導体など)も効果的です。

ほうれい線のケアに必要なのは、ハリや弾力の元となる成分の補給と、肌内部の保水力を高めることです。

ほうれい線対策のために化粧品を選ぶ場合は、専用の美容液を使用しながら、アンチエイジング化粧品でケア。ほうれい線の原因となっている年齢肌を総合的にケア出来るので、見た目の年齢をグッと若返らせることが出来ます。

ほうれい線対策のためのコンテンツ一覧

このページの先頭へ