衰えた表情筋を鍛え引き締めるためのトレーニング方法

  • サイトマップ

ほうれい線を解消するために表情筋を鍛える

加齢とともに顔の筋肉が衰えてくることによって、たるみ肌を引き起こします。そして、フェイスラインは垂れ気味になり、緩んでいきます。その結果、口元のシワが深くなり、ほうれい線が目立つようになります。

だから、ほうれい線を消したいと思うのなら、顔の筋肉を鍛えるエクササイズを行う必要があります。化粧品や美顔器のケアと並行して行うことで、より早く効果を実感できるようになります。

フェイスエクササイズ用のグッズを使用して効率的に鍛える

東京歯科大学の歯科医師が開発した顔全体のエクササイズを行える器具を紹介します。ほうれい線の解消のほか、二重アゴやフェイスラインの引き締めなど、多くの効果が期待できるものです。

パタカラ(PATAKARA)

  • 表情筋を正しく理想的に鍛えられる
  • 日米独中で特許取得済み
  • 98%の人が僅か1ヶ月で効果を実感
  • 100万個以上の販売実績がある

医療器具から考案。日本、アメリカ、ドイツ、中国で特許を取得している、表情筋のトレーニング器具です。

様々な雑誌、メディアで取り上げられているので、ご存知の方も多いでしょう。とにかく、ほうれい線の解消、小顔、フェイスラインの引き締め等に効果抜群。

1回3分、1日4回を目安に使用します。家事をしながらや入浴中などでも簡単にトレーニングできるのが魅力です。

本格的にエクササイズに取り組みたい人にオススメです。

セルフマッサージ、エクササイズの方法

わざわざお金を出して器具を買いたくない。という人のために、
グッズを使わずに出来るエクササイズを紹介します。

僅か1分のほうれい線トレーニング

詳しいやり方は上のYouTubeの動画を参照して下さい。

注意点としては、左右均等に行うことです。負荷のバランスが悪いと、フェイスラインの右側と左側とで傾いていってしまいます。

これは、トレーニング器具を使用しないエクササイズ全般に言えることなので、バランス良く鍛えることを意識して行うようにしましょう。

舌(ベロ)回しエクササイズ

こちらも詳しくは動画を観て頂いた方が分かりやすいと思いますが…

口を閉じ、舌を使って口の内側から頬を押すようにして、舌を回していくエクササイズです。ほうれい線の部分は、動きをゆっくりにして、入念に押し伸ばしていきましょう。

左回りに3回、右回りに3回を1セットとして、1日3~5回を目安に行っていきましょう。


顔の筋肉のトレーニングは、特に辛いものではありません。1回数分で出来てしまうので、負担を感じることは少ないハズです。

しかし、顔の筋肉は小さく、深い部分にあるインナーマッスルの一種です。エクササイズを行ってもスグに筋肉が付くわけではありません。

毎日コツコツ行うことが大切なので、1日だけ張り切るようなやり方では意味がありません。飽きずに続けられる方法、グッズを探し、継続することでほうれい線を解消していきましょう!

このページの先頭へ