アヤナスの口コミレビュー!

  • サイトマップ

口コミ体験レポート

30代から減少するスクワランを補える

ハーバーの大人気アイテム「高品位スクワラン」を始め、化粧水、洗顔、クレンジング、薬用美白美容液を試せるトライアルセットです。

20~30代で激減するスクワランを補うことで、お肌の乾燥やシワ、毛穴の目立ちなどをケアすることが出来ます。

  • 純度99.9%のスクワラン
  • 販売本数1,600万本以上の超人気アイテム
  • お試しセットなのにスクワランはたっぷり3ヵ月分

ハーバーがおすすめするスクワラン美容を実践するのに最適な「はじめてセット」。特に、メインの高品位スクワランは、お試しセットにも関わらず、約3ヵ月分の容量です。

今回は、このハーバー高品位スクワランはじめてセットを購入し、実感出来たことや、使用感などを口コミ体験談として紹介していきたいと思います。

高品位スクワランはじめてセット

初回トライアル価格
1,512円
セット内容
スクワラン(15mL)、薬用美白美容液(8mL)、洗顔フォーム(1包)、メイク落とし(1包)、化粧水(2包)

ハーバー高品位スクワランはじめてセットを使用した感想

セット内容は、スクワランと薬用美白美容液。さらに、洗顔、クレンジング、化粧水のサンプルが入っています。

特にメインのスクワランは、約3ヵ月分の本品サイズが入って、価格は1,512円(送料無料)です。ハーバーが初めての方で、1人1セット限りですが、とてもお買い得な価格になっています。

高品位スクワラン

オイルとは思えないサラサラの使用感にビックリ!肌に馴染ませればアッというまに馴染んで、ふっくら柔らか肌に。

オイルのヌルヌル感やギトギトした感触は全くありません。

いろいろな化粧水や美容液を試してきましたが、そのどれよりもお肌の調子が良くなりました。単純に保湿されているだけでなく、ツヤ感とか肌の柔らかさとかが、総合的にアップ出来て大満足の一言。

ふっくらとハリが出るので、ほうれい線のケアにも手応え十分。コスパ良過ぎです。

スクワフェイシャルフォーム

めちゃくちゃ泡立ちが良いです。モチモチの濃厚な泡が手早く作れます。

洗浄力もしっかりあるのに、お肌に負担がかかっていない感じ。洗い上がりに突っ張ったりすることもありません。

スッキリしっとりと洗顔出来る、いい意味で普通の洗顔フォームです。使い続けるのに丁度よいバランスだと思います。

スクワクレンジング

某有名なオイルクレンジングを使っていたのですが、ハーバーの方が断然に良いです。

W洗顔不要で、濡れた手でOK。ウォータープルーフのマスカラもしっかり落とせるので、メイク落ちもバッチリです。

洗い流すのもラクラクで、しっとりするけど、流し切れていないような不快感はありません。ツッパリ感も全くなしと、文句の付けようがありませんでした。

Gローション

これ1本だと、ちょっと保湿が不安ですが、スクワランと併せることで潤いが続いてくれます。

お肌に水滴が残るま重ねづけして、その濡れた状態でスクワランをオンすると、物凄くしっとりスベスベになります。

Gローションは、単体で使うのではなく、ハーバーの高品位スクワランとセットで使うことで、本領発揮するタイプの化粧水だと感じました。

薬用ホワイトレディ

ハーバーといえばスクワランか、このホワイトレディか。というぐらい、こちらも人気のアイテムですね。

薬用ホワイトレディという名前の通り、使って最初に実感できたのは透明感でした。シミに対しての効果までは感じられませんでしたが、お肌がワントーンアップして明るくなったように感じました。

薬用で、美白系なので、お肌への刺激も心配でしたが、特にトラブルが起こることもありませんでした。現品の値段を考えると、かなりコスパの高い美容液だと思います。

実際の届く商品の画像

発送は佐川急便。ハーバーの文字が書かれた箱に入って届きます。

これが、はじめてセットです。

箱を開けると、このような形でセット内容が収められています。

ハーバー高品位スクワランはじめてセットの口コミまとめ

1,512円(送料無料)で、約3ヵ月分のハーバーの高品位スクワランを試せるだけでも、十分に価値のあるトライアルセットです。

スキンケアはもちろん、ボディケアにもヘアケアにも使えるので、コストパフォーマンス抜群です。Gローション(化粧水)の重ねづけ+スクワランで、翌朝お肌ふっくら。ほうれい線対策にも効果ありそう。

ただ、Gローションが2包しか入っていないで、このスクワラン+Gローションの組み合わせを2回しか試せないのが残念でした。

ハーバー有名だけど、そういえば使ったことないなぁ。っていう人に、ハーバーの魅力がしっかり体験できるセットになっているなと思いました。

このページの先頭へ